はんなりさんの京都紹介

京都出身者ならではの隠れたスポット・京都にまつわるお話をご紹介していきます

世界遺産・東寺エリアを楽しむ『京町家ゲストハウス』『マザーウオーターの舞台になった日の出湯』『東寺の毎月21日は骨董市』

スポンサーリンク

はんなりさんが子供の夏休みに京都家族旅行で行った東寺エリアの隠れたおすすめスポットをご紹介していきたいと思います。地元民でも全部を知ることが出来ないくらい奥の深い京都ですが、今回の旅行では非常に家族も楽しめてよかったです。皆さんの京都旅行の参考にしていただければ幸いです。

 

 

京町家ゲストハウス『HARUYA 梅小路』

雰囲気のある玄関です。作り傘も風情がありますね

 

はる家 梅小路|通り庭のある町家


画像の配置です 京都の街屋ゲストハウスの玄関の写真です

 

京町家ゲストハウス『HARUYA梅小路』さんです。基本素泊まりのゲストハウスです。場所は京都駅近くの梅小路にある京都水族館のすぐそばでした。近くの割安の一泊パーキングもあるのも、ありがたいです。HARUYAさんの前までは車で入るのは道が狭くで一方通行で困難ですので、パーキングに止めてから歩いて行くようにした方が良いですよ。

 

宿泊施設は全部で4棟の建物からなります。そのうちの1棟がライブラリー的な資料館になっていたようです。はんなりさん家族はこちらの資料館には時間が無く行けなかったです。宿泊してくるお客さんは、若い人が多かったですね。一人で来る人・2人組み・外人の方が結構多かったですね。はんなりさんのように家族連れは私達だけでした。

 

建物の中は町家だけあって、京都特有のウナギの寝床で間口が狭く奥行きが長く作られています。奥まで土間が続いていて、土間が建物の屋外・中庭まで続いていました。面白い間取りになっています。屋外の中庭に面するようにトイレがあります。家の中のようで家の外にあるトイレです。面白い間取りで非常に風情があって最高です。

 

私達の家族が実際に泊まった部屋は受付レジコーナーの隣の部屋でした。和室で6畳くらいでした。プラス広縁が付いていて広縁から中庭が望めるようになっている部屋でした。清潔で綺麗、そして静かで良かったです。室内の明かりも京都らしい風情のある和紙で作られたスタンドが配置されていて寛ぐことが出来ました。反対に少し静かすぎて、部屋の声が外に聞こえてるんじゃないかと心配したくらいで家族でヒソヒソ話す感じでした。

  

写真は寝泊まりした翌日の朝のチェックアウト時に撮影したものです。作り傘がいい味出していますね。ちなみに料金は結構安いですよ。私達は一人約2000円くらいで泊まれました。予約は事前にネットで行うことが出来て予約後はメールでやりとりをするくらいで楽でした。結構人気の宿なので早めに予約することをおすすめします。

 

『HARUYA』さんでは無料でレンタサイクルをされています。周辺を散策する人達には欠かせないアイテムですね。21時までに受付するルールなのでなんとかギリギリ20時55分に受付を済ませて、家族でレンタサイクルに乗って周辺の散策+老舗の大衆浴場『銭湯』に行きました。夜風が気持ちよくて最高に気持ちよかったですよ。知らなかったんですが、行った銭湯が実は映画『マザー・ウオーター』の舞台になった銭湯で映像と実物がほとんど同じ感じで感動しましたね。

 

映画の舞台になった銭湯 『日の出湯』

映画『マザー・ウオーター』出演:もたいまさこさん・小林聡子さん・加瀬亮さん。はんなりさんは数年前に見てたんですけどね。この映画。素朴で『かもめ食堂』から続くシリーズで隠れたファンが多い作品群です。はんなりさんも当然ファンです。

マザーウォーター

マザーウォーター

 

 

登場人物の後ろに写っているのは『東寺の五重塔』の写真です。はんなりさん家族は、レンタサイクルで夜風に当たりながら、ライトアップした東寺の五重塔を眺めながら銭湯に行きました。綺麗ですよ。ライトアップした東寺は最高でした。銭湯までの時間は自転車で5分から10分程度でした。近くて便利です。

 

銭湯では昔ながらの風情があり、建物の内部は床に竹ゴザが引いてあって気持ちがよかったですね。こちらの銭湯に訪れた時間は夜の21時30くらいでしたが、男女それぞれ10人程度の人たちが来ていました。地元民に愛用されているのがすぐにわかりました。

 

画像の配置です。 京都の東寺・五重塔のライトアップ写真です。

 

世界遺産『東寺の五重塔』

京都の九条通り沿いにそびえる東寺・五重塔はとても綺麗な建築物です。はんなりさんは親戚がこのあたりに住んでいたので夜に車から五重塔を見ることが多かったですね。残念ながら中に入ったことはなかったんです。今回初めて境内の中に入ることが出来ました。

 

世界遺産に認定され

1994年に東寺・五重塔が世界遺産に認定されました。日本で木造建築物で最も高さがあります。55メートル。京都のシンボル的な建物です、地元民からも非常に愛されています。

 

『毎月21日は骨董市・東寺弘法市』

東寺の敷地の中での骨董市は毎月21日に行われている催しです。雨天決行で朝の5時から夕方の16時まで実施されています。非常に歴史も古く1000を超える出店が出るくらいの規模で沢山の人で賑わうようです。

骨董だけでなく「京野菜」や「京漬物」なども販売されています。東寺には空海によって建てられた講堂があり、弘法大師像も祀られています。空海(弘法大師)の命日の21日に弘法市は行われるようになったようです。

 

はんなりさんたちは21日ではなかったので特に催しは行われていませんでした。できることなら21日に合わせて予定を立てると、より楽しめるなと思いました。

 

まとめ

今回は東寺エリアでのおすすめスポットをご紹介してきました。家族で楽しく過ごせるコースでおすすめです。このブログでは、今後も一つのスポットと行事にとらわれることなく、エリア単位で幾つもの催しやおすすめをまとめてご紹介していけたらと考えています。冬の季節の京都の楽しみ方を中心にご紹介していきます。