はんなりさんの京都紹介

京都出身者ならではの隠れたスポット・京都にまつわるお話をご紹介していきます

京都三大奇祭の一つ『春の4月2日はやすらい祭り・恋愛成就のパワースポット今宮神社』と『名物スイーツあぶり餅』

スポンサーリンク

京都には五穀豊穣を願ったり、疫病などを追い払う目的で昔から数々の祭り事を行う風習・伝統行事があります。京都三大祭り『葵祭り・祇園祭り・時代祭り』と京都三大奇祭『今宮神社のやすらい祭・鞍馬・由岐神社の火祭・広隆寺の牛祭』が特に京都では有名です。

 

今回はその中でも『今宮神社』にスポットを当てておすすめポイントをご紹介していきたいと思います。はんなりさんも子供の頃から馴染みのあるエリアで今宮周辺のスポットには良く訪れました。今宮神社には長い参道があって今宮通りという通り名があるくらいです。

 

新今宮通りという通りもあり、はんなりさんが子供の頃は新今宮は商店街が出来るくらいの賑わいを見せていました。今は名残があるくらいでほとんどの商店街のお店は時代の流れと共に閉店してしまいました。そんな少し昔を残しているノスタルジアなエリアですが、隠れたおすすめスポットがあるんですよね。

 

 

今宮神社は恋愛成就のパワースポット

平安時代に今宮神社を信仰したお玉が出世して玉の輿に乗ったことから、恋愛成就のパワースポットへ。(玉の輿にのる語源にもなっているのがこの今宮神社です)

弁天様(宗像三女の神で美を司る神様)の石の台座の側面には鯰(なまず)が掘られています。この鯰を拝むと御利益があると言われています。

 

境内には「おもかる石」願いが叶う石が祀られていて、石を叩いてからお願い事をするといいと言われています。

 

お願い方法は「石を3度叩く→持ち上げてお願い事をする」の流れになります。

 

画像の配置です 今宮神社に祀られている石の写真です

京都三大奇祭の『やすらい祭り』は今宮神社の祭礼

やすらい祭りは、起源は平安時代からで、国の重要無形民族文化財に現在はなっています。毎年4月の第2日曜日に行われている今宮神社の祭礼です。やすらい祭りの起源は、京都の春になると流行る疫病を鎮める為、京都の人たちの無病息災を祈願して行われるようになりました。

 

赤髪や黒髪の小鬼と大鬼:太鼓を鳴らして京都の街を練り歩く催しです。

 

風流花傘:桜や椿で飾られた花傘の中に入ると病気を傘に吸い取らせることが出来ると言われています。

 

京都三大奇祭の鞍馬の火祭りを紹介している記事です。良かったら合わせてご覧ください。

www.kyotohannari.work

 

今宮神社の参道にある名物スイーツ『あぶり餅』は絶品

今宮神社の参道には二つの老舗の名物スイーツを提供してくれるお店があります。あまり馴染みがないので知る人ぞ知る隠れた和スイーツです。はんなりさんも子供の時から大好きな食べ物です。今宮さんで縁日があると持ち帰りをして家で食べてたのを思い出します。(お店で食べるだけでなく持ち帰りが出来ます)これは絶品です。はんなりさんの子供達も大好きなスイーツです。

 

画像の配置です 京都名物のスイーツの写真です

 

作り方は店の秘伝なので教えてもらうことは出来ませんが、お餅を竹串の先に揉むように取り付けてきな粉をまぶして炭火であぶります。京都でよく使われている白味噌を使った料理になるようです。写真は一人前のお皿で500円になります。結構高価なものですよね。家族でおかわりするとすぐに3000円・4000円かかります。写真の炙っているところは実際に店員があぶり餅を作っている風景です。

 

画像の配置です あぶり餅を炭火で炙っている写真です

 

まとめ・アクセスなど

車で来られる際は駐車場がありますので先に今宮神社で参拝をしてあぶり餅屋に寄ると1時間の無料パーキングチケットがもらえます。今回は京都の知る人ぞ知るスポットをご紹介しました。皆さんはご存知でしたでしょうか?今宮のあるエリア紫野からは近くに衣笠方面に行くと金閣寺、そこから足を伸ばして行くと嵯峨野嵐山方面へ行くことが出来ます。また北に上がって行くと鷹ヶ峰や上賀茂神社などがあり、次に行きたいところが豊富なのも京都の良いところですね。