はんなりさんの京都紹介

京都出身者ならではの隠れたスポット・京都にまつわるお話をご紹介していきます

京都出身者が教える・場所探しで「京の通り名歌」のご紹介と微妙なニュアンスの解説で京都早わかり

スポンサーリンク

京都出身者による京都の場所を早わかりできるコツをご紹介したいと思います。よく京都特有の場所探しで通りの名前と通りの名前で場所を特定するケースが紹介されていますよね。例えば「烏丸御池(からすまおいけ)」などのような表現。

 

でも実際はちょうど交差するところに目的地があることは少なく、使い勝手が悪いのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。紹介されているケース以外は「じゃあどうするの?」となってしまいます。

 

そこで地元市民は実際に使用しているワード(京都特有の表現方法かもしれません)で簡単に解決しています。ここでは、京都出身者のはんなりさんが難しくない方法で地元民が使っているケースをご紹介して行きたいと思います。

 

 

まず最初に有名な「京都の通り名」をご紹介します。はんなりさんはちなみに歌詞の途中の「あねさんろっかくたこにしき」のところしか実際知りませんでした。京都民でも意外と年代によっては全然知らないとか、聞いたことがないという人も出てきています。だんだんと語り継がれない歌になっている気がして少し寂しいところです。

 

「京都の通り名」歌

  1. まるたけえびすにおしおいけ
  2. あねさんろっかくたこしにき
  3. しあやぶったかまつまんごじょう
  4. せきだちゃらちゃらうおのたな
  5. ろくじょうしちちょうとおりすぎ
  6. はちじょうこえればとうじみち
  7. くじょうおおじでとどめさす

 

歌は上記の内容になります。歌では京都の東西の通りを紹介しています。京都の御所から見て順番に南に進んでいます。京都御所は北に今出川通りで南は丸太町通りがあり、歌のスタートは、この丸太町通から始まります。

  1. 丸太町→竹屋→夷川→二条→押小路→御池
  2. 姉小路→三条→六角→蛸薬師→錦小路
  3. 四条→綾小路→仏光寺→高辻→松原→万寿寺→五条
  4. 雪駄屋町→鍵屋町→魚の棚
  5. 六条→七条
  6. 八条
  7. 九条

 

このように丸太町通から九条通まで続いています。結構長い歌詞だったんですね。子供たちのわらべ歌になっていたんでしょうね。次に南北の通りがありますが、実際場所を特定して行くにはこの歌をある程度覚えていたら事足ります。南北の通りに関しては、メインの大通りを押さえておきましょう。(実際は南北の通りにも京の歌があるようです。はんなりさんは知りませんが・・・)

 

西から順番に西大路通り・千本通り・堀川通り・地下鉄の通っているメイン通りが烏丸通り(からすまどおり)で河原町通り・川端通り(鴨川に沿って走っている通り)・東大路通り(東山)。このあたりの位置関係がわかればOK。

 

ここからは京都の碁盤の目を利用して交差する場所を表現します。

 

例えば・・堀川通と四条通りの交差点だと「堀川四条』と表現します。ここまではよくある紹介ケースですが、ちょっと北側だとどう表現するか?

 

簡単です。答えは「堀川四条上ル(あがる)」と表現します。もしくは「堀川四条上(かみ)」反対に南側の場合は『堀川四条下ル(さがる)」『堀川四条下(しも)」と表現します

 

通り名は必ず、南北の通り名を最初に言って次に横の通り名をいう順番に決まっています。最後に「あがる」や「かみ」「さがる」や「しも」という京都特有のワードを足して表現するんです。面白い方法ですね。さらに言うと何と無く場所がわかっているケースでは「河原町の三条と四条の間」などと表現します。はんなりさんは子供の頃より、この表現方法に慣れているので大人になった今でも住所よりこの通り名で呼ぶほうが分かりやすいです。

 

このように京都では他の都市にはない独特の表現が長い間、地元民の間で使用されてきました。1000年の都にふさわしい京文化を作り上げています。今回は場所を特定することについて京都の通り名よりわかりやすい表現をご紹介してきました。今後も京都出身者ならではの「京都についてのちょっとした小話や隠れたおすすめスポット」などをご紹介して行きたいと思います。